英国最高の巨匠、テート・コレクション待望の大回顧展!

 世界一のコレクションから至高の風景画が一挙上野に!!「ターナー展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

東京都美術館「ターナー展」2013年10月8日(火)〜12月18日(水)

 

英国最高の巨匠、テート・コレクション待望の大回顧展

漱石が愛したターナー

 

夏目漱石の小説「坊ちゃん」に、こんな一節があるのをご存知だろうか。

主人公の「おれ」と、教頭の「赤シヤツ」、それから「野だ」が釣りに出かけ、高柏寺の五重の塔や、青島が浮かぶ景色が見えるところにたどり着いたときの会話だ。

 

「あの松を見給え、幹が真直ぐで、上が傘の様に開いてターナーの画にありさうだね」と赤シヤツが野だに云ふと、野だは「全くターナーですね。どうもあの曲り具合つたらありませんね。ターナーそつくりですよ」と心得顔である。ターナーとは何の事だか知らないが、聞かないでも困らない事だから黙つて居た。(中略)すると野だがどうです教頭、是からあの島をターナー島と名づけ様ぢゃありませんかと余計な発議をした。赤シヤツはそいつは面白い、吾々は是からさう云はうと賛成した。

 

1900年10月に日本からロンドンへ渡り、美術館や博物館を訪れたという漱石は、帰国後に執筆した小説や文章の中に、ターナーについて触れた記述が度々登場するのだが、この場面の作品も今回初来日する《チャイルド・ハロルドの巡礼—イタリア》のことではないかと言われているのだ。

 

 

[作品画像]                                                     

《チャイルド・ハロルドの巡礼―イタリア》 1832年発表 油彩、カンヴァス 142.2 x 248.3 ㎝ テート美術館蔵 ©Tate 2013-2014

 

関連記事

  • 映画『そこのみにて光輝く』綾野剛 菅田将暉 池脇千鶴 出演の話題作!!池脇千鶴インタビュー (2014/03/31)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • アート界の魔人!世界的サイデリック・マスター 田名網敬一が新たに仕掛けるTシャツという名の爆発弾!! (2012/05/14)

  • ガレット、クレープの名店「オ・タン・ジャディス」20年間変わらぬメニューに舌鼓!!(2012/07/02)

  • 表参道交番からすぐ近く!名物「ラザニア」だけじゃない!!欧州料理を味わえる『RED PEPPER』 表参道店(2012/03/06)

  • 12年間に渡り撮影を続けた話題作『6才のボクが、大人になるまで。』第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた!(2014/08/12)