2010年宮崎は口蹄疫問題で騒がれた そんな地元宮崎のためにつくった「喜びと悲しみのメリーゴーランド」初披露Ucoca!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Ucoca Photo Gallery ▶

地元宮崎のためにつくった「喜びと悲しみのメリーゴーランド」

  

18歳でアフリカに渡り、その後数々の国を放浪していたUcoca。

“ウコカ”という名前もそのときのアフリカ人の発音の仕方から生まれたそうだ。

Ucocaの独特なサウンドは夏フェスによく似合う。

地元である宮崎県と、会場の相良は、海や空の感じがよく似ているという。2010年宮崎は口蹄疫問題で騒がれた。そんな宮崎のために「喜びと悲しみのメリーゴーランド」という曲をつくり、初披露した。

 

「人類の歴史はたった一瞬。口蹄疫は大変な問題かもしれないけれど、地球上では病気や生や死といった問題はずっと起っていて、地球の歴史から見たら、喜びも悲しみもあるのが地球、メリーゴーランドみたいにゆっくりクルクルと繰り返し回っているだけなんじゃないかな。」と彼はいう。

 

ステージの外でも、出店者や、サーファー仲間、など多くの人たちと気さくにコミュニケーションをとるUcoca。

「古くさくなりたくないから、常に気持ちに塩を振りかけて新しいものを作って行きたい。せっかく東国原知事になり、元気になってきた宮崎県を一緒に盛り上げられたらいいな。」

 

 

 

PROFILE 

Ucoca
南国は宮崎県に生まれ、海・山・川に囲まれた環境で野生児として育つ。14歳で音楽に目覚め、18歳で一人ブラックミュージックのルーツを探るべく打楽器の本場アフリカはセネガルへ渡り、セネガルを代表するパーカッションバンド、“ママアフリカ”と生活を共にする。その後もジャマイカやアメリカやヨーロッパなど10カ国あまりを放浪。帰国後はそのままの足で東京に向かい拠点を東京に移す。

現在、ライブ活動は日本全国のcafeやBarからコンサートホールや大型野外フェスまで大小問わず幅広く草の根的に展開中。自主企画の音楽イベント『満潮Lounge』や、あらゆるジャンルのアーティストとのセッションなど活動と交流は多岐に渡る。2009年ミニアルバム”Ucoca”全国発売。

Ucoca  http://www.ucoca.net/

 

関連記事

  • 日本で初めてのダニエラ・グレジス企画展が、ギャラリー フィール アート ゼロで開催された!!(2011/01/10)

  • J-WAVEのナビゲーターとしてもお馴染みのロバート・ハリス氏の女性遍歴エッセイ集『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』(2013/08/10)

  • ゆず茶入り蒸しパン(2012/02/23)

  • 「トイレ」を堂々とオープンに語り合う企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」鈴木おさむさん×毛利衛 館長 トークイベント(2014/07/02)

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)

  • 地元に愛され続ける昔懐かしの甘味所「みどりや」大興奮かき氷「フルーツチョコミルク金時フロート」を食べに!!(2012/02/13)