伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作 インタビュー!!世代を超へ親しまれ続けるタミヤの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作  Photo Gallery ▶

 

プラモデルのタミヤといったら今や知らない人はいない。

 

戦車、戦艦、ミニ四駆……多くのシリーズが世代を超えて今もなお、親しまれ続けている。

そんなタミヤの看板商品のひとつでもある、艦船模型のパッケージ画を手がけた男、上田毅八郎氏にスポットをあてた。上田毅八郎氏、株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作氏、それぞれが語る当時の想いとは—

 

 

さかのぼること1941年、21歳の上田氏は招集され、浜松の陸軍船舶砲兵第1連隊に配属された。

1942年3月ジャワ島上陸を仕切りに、船載高射砲員としてアリューシャンやビルマ、ニューギニア、ラバウルなど各地を転戦。戦時中日本海軍が保有した主要艦艇は、戦艦12、空母25、巡洋艦47、駆逐艦174。そのうち上田氏が配属、便乗を合わせた乗船隻数は26隻にものぼった。

1944年11月、上田氏は輸送船「金華丸」で勤務中、フィリピンのマニラ湾でアメリカ軍の艦載機250機あまりの空撃を受け、利き腕である右肘関節に重傷を負ったのだ。

 

当時のことを上田氏は、こう振り返る。「負傷した直後というのは、痛みもさることながら、とにかく腕が重かった。爆弾が落ちるたびに死んでいく戦友たちを見ながら、ああ自分もこのまま死んで行くのかという気持ちになりましたよ。」

 

そして10日ほど漂流しながらも、命をとりとめた上田氏は、翌年本土に送還された。しかしその後、上田氏は24歳という若さで、利き腕である右手の自由を失った。

[画像]招集当時の上田毅八郎氏   

 

関連記事

  • 渋谷駅から徒歩3分 どこかノスタルジックで、温かい緩やかな時間が流れている茶亭 羽當(チャテイハトウ)(2012/05/30)

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)

  • 世界中から、次代を担うクリエイターを発掘を目的におこなわれる SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014(2014/07/18)

  • 生ハムと秋のフルーツ+みょうが(2012/02/23)

  • 語り継がれる伝説の戦国武将 真田幸村の講談に伝わる禁断の物語がついに映画化!!講談で送る 脳内スペクタル!(2015/11/23)

  • Mangoヨーグルトシャーベット(2012/02/23)