伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作 インタビュー!!世代を超へ親しまれ続けるタミヤの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作  Photo Gallery ▶

 

プラモデルのタミヤといったら今や知らない人はいない。

 

戦車、戦艦、ミニ四駆……多くのシリーズが世代を超えて今もなお、親しまれ続けている。

そんなタミヤの看板商品のひとつでもある、艦船模型のパッケージ画を手がけた男、上田毅八郎氏にスポットをあてた。上田毅八郎氏、株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作氏、それぞれが語る当時の想いとは—

 

 

さかのぼること1941年、21歳の上田氏は招集され、浜松の陸軍船舶砲兵第1連隊に配属された。

1942年3月ジャワ島上陸を仕切りに、船載高射砲員としてアリューシャンやビルマ、ニューギニア、ラバウルなど各地を転戦。戦時中日本海軍が保有した主要艦艇は、戦艦12、空母25、巡洋艦47、駆逐艦174。そのうち上田氏が配属、便乗を合わせた乗船隻数は26隻にものぼった。

1944年11月、上田氏は輸送船「金華丸」で勤務中、フィリピンのマニラ湾でアメリカ軍の艦載機250機あまりの空撃を受け、利き腕である右肘関節に重傷を負ったのだ。

 

当時のことを上田氏は、こう振り返る。「負傷した直後というのは、痛みもさることながら、とにかく腕が重かった。爆弾が落ちるたびに死んでいく戦友たちを見ながら、ああ自分もこのまま死んで行くのかという気持ちになりましたよ。」

 

そして10日ほど漂流しながらも、命をとりとめた上田氏は、翌年本土に送還された。しかしその後、上田氏は24歳という若さで、利き腕である右手の自由を失った。

[画像]招集当時の上田毅八郎氏   

 

関連記事

  • 黒沢清監督がオールフランスロケ、外国人キャスト、全編フランス語のオリジナルストーリーで挑んだ初めての海外進出作品『ダゲレオタイプの女』!!(2016/10/13)

  • 東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子氏が、教えてくれるキュレーターの仕事(2013/01/16)

  • ガレット、クレープの名店「オ・タン・ジャディス」20年間変わらぬメニューに舌鼓!!(2012/07/02)

  • これだけ美しく穏やかな映画を見たのは、何年ぶりだろう。 日常のリアリズム 感情のリアリズムがこの作品に閉じ込められていた。(2015/05/28)

  • 注目の話題作!! 映画『KANO』スペシャルインタビュー 感動の実話に、ぐっときた!(2014/03/20)

  • 北里大学からすぐ近く、恵比寿2丁目にある昔なつかしの洋食屋「ハチロー」人を感じられる美味しさ!!(2012/04/15)