伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作 インタビュー!!世代を超へ親しまれ続けるタミヤの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作  Photo Gallery ▶

 

プラモデルのタミヤといったら今や知らない人はいない。

 

戦車、戦艦、ミニ四駆……多くのシリーズが世代を超えて今もなお、親しまれ続けている。

そんなタミヤの看板商品のひとつでもある、艦船模型のパッケージ画を手がけた男、上田毅八郎氏にスポットをあてた。上田毅八郎氏、株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作氏、それぞれが語る当時の想いとは—

 

 

さかのぼること1941年、21歳の上田氏は招集され、浜松の陸軍船舶砲兵第1連隊に配属された。

1942年3月ジャワ島上陸を仕切りに、船載高射砲員としてアリューシャンやビルマ、ニューギニア、ラバウルなど各地を転戦。戦時中日本海軍が保有した主要艦艇は、戦艦12、空母25、巡洋艦47、駆逐艦174。そのうち上田氏が配属、便乗を合わせた乗船隻数は26隻にものぼった。

1944年11月、上田氏は輸送船「金華丸」で勤務中、フィリピンのマニラ湾でアメリカ軍の艦載機250機あまりの空撃を受け、利き腕である右肘関節に重傷を負ったのだ。

 

当時のことを上田氏は、こう振り返る。「負傷した直後というのは、痛みもさることながら、とにかく腕が重かった。爆弾が落ちるたびに死んでいく戦友たちを見ながら、ああ自分もこのまま死んで行くのかという気持ちになりましたよ。」

 

そして10日ほど漂流しながらも、命をとりとめた上田氏は、翌年本土に送還された。しかしその後、上田氏は24歳という若さで、利き腕である右手の自由を失った。

[画像]招集当時の上田毅八郎氏   

 

関連記事

  • 朝崎郁恵 喜寿の祝いコンサート「あはがり」(2012/09/25)

  • 発行部数累計250万部を誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が、いよいよ実写映画化!!(2014/06/23)

  • 2人の男とマルコの間に芽生えた 実話から生まれた 愛に溢れた作品!映画『チョコレートドーナッツ』(2014/07/26)

  • 「 SNIFF OUT 」= 「 嗅ぎ当てる 」 音楽フェスとアートフェスの融合を主軸とした全く新しいタイプのプロジェクト始動!!(2013/04/26)

  • フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えてくれた!!美穂さんの酵母パンレシピ カンパーニュ(2012/07/03)

  • 4K3Dカメラで大自然に挑んだ最新作『ネイチャー』日本語ナレーション版でナビゲーターを担当する滝川クリステルさん登場!(2014/04/13)