今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会

今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2011年3月11日大変な出来事が日本でおこった。

 

2010年10月25日、アレイダ・ゲバラ講演会を浜松で開催したことは記憶に新しい。

それにも関わらずまた講演会を行なうとは、アレイダはそんなに頻繁に来日しているのか、と驚かれる人もいるだろう。しかし、実際にアレイダが日本を訪れたのは、2008年と2010年の2回のみ。今回は異例のでき事なのだ。

 

というのも、3月11日におきた東日本大震災の被災者方々にアレイダ自身、何かをしたい、と想いを募らせ、以前から親好のあったHABANES HABANERAに話を持ちかけた。  

 

既に動き出していたHABANES HABANERAは、チェ・ゲバラの“矛盾を感じ、感じた事から考えが生まれ、行動への路を歩む”このプロセスこそ今の時代必要ではないか、と考え、今回の企画へと至った。

 

関連記事

  • 「アーティスト」でアカデミー賞5冠に輝いたミシェル・アザナビシウス監督が描く 衝撃の新作 『あの日の声を探して』(2015/04/28)

  • 違う考えの人がいたり、他人がいるからこそ、思うことや、考えることがあると思う」和泉元彌インタビュー(2011/07/25)

  • 生ハムと秋のフルーツ+みょうが(2012/02/23)

  • 表参道交番からすぐ近く!名物「ラザニア」だけじゃない!!欧州料理を味わえる『RED PEPPER』 表参道店(2012/03/06)

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)