今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会

今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2011年3月11日大変な出来事が日本でおこった。

 

2010年10月25日、アレイダ・ゲバラ講演会を浜松で開催したことは記憶に新しい。

それにも関わらずまた講演会を行なうとは、アレイダはそんなに頻繁に来日しているのか、と驚かれる人もいるだろう。しかし、実際にアレイダが日本を訪れたのは、2008年と2010年の2回のみ。今回は異例のでき事なのだ。

 

というのも、3月11日におきた東日本大震災の被災者方々にアレイダ自身、何かをしたい、と想いを募らせ、以前から親好のあったHABANES HABANERAに話を持ちかけた。  

 

既に動き出していたHABANES HABANERAは、チェ・ゲバラの“矛盾を感じ、感じた事から考えが生まれ、行動への路を歩む”このプロセスこそ今の時代必要ではないか、と考え、今回の企画へと至った。

 

関連記事

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • Synchro Heart による「動物愛護えほんプロジェクト」ココロに届くとココロに気づく!!(2013/04/12)

  • イムラアートギャラリー(2012/07/18)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • 小林画廊-Kobayashi Gallery-(2012/07/18)

  • ARATANIURANO(2012/07/18)