今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会

今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2011年3月11日大変な出来事が日本でおこった。

 

2010年10月25日、アレイダ・ゲバラ講演会を浜松で開催したことは記憶に新しい。

それにも関わらずまた講演会を行なうとは、アレイダはそんなに頻繁に来日しているのか、と驚かれる人もいるだろう。しかし、実際にアレイダが日本を訪れたのは、2008年と2010年の2回のみ。今回は異例のでき事なのだ。

 

というのも、3月11日におきた東日本大震災の被災者方々にアレイダ自身、何かをしたい、と想いを募らせ、以前から親好のあったHABANES HABANERAに話を持ちかけた。  

 

既に動き出していたHABANES HABANERAは、チェ・ゲバラの“矛盾を感じ、感じた事から考えが生まれ、行動への路を歩む”このプロセスこそ今の時代必要ではないか、と考え、今回の企画へと至った。

 

関連記事

  • 上野駅から徒歩5分、終戦直後から続く焼き肉屋ホルモン料理 とらじ亭!!今日も赤い看板にさそわれて!(2013/04/06)

  • NAU代表の三宅洋平氏を中心に、代々木公園をメイン会場にした『大デモ』が行われた!この活動について皆さんは、どう感じますか?(2013/12/07)

  • 卓越したスキルと選曲で、フロアをロックし続けている!DJ HIRAKATSU !(2010/08/15)

  • 語り継がれる伝説の戦国武将 真田幸村の講談に伝わる禁断の物語がついに映画化!!講談で送る 脳内スペクタル!(2015/11/23)

  • それぞれの思いがひとつになった時、最高の歌が生まれる 映画『くちびるに歌を』 恒松祐里さんインタビュー(2015/02/27)

  • 直木賞作家・角田光代の長編小説「紙の月」がついに映画化  
吉田大八監督 × 宮沢りえ (2014/08/23)