音楽と人と自然が、共にある贅沢な野外フェス

WIND BLOW 2010 潮風香、海の音と共に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WIND BLOW 2010  Photo Gallery ▶

静岡県牧野原市相良シーサイドパーク   

 

海岸に面した会場で8月28日、29日の2日間に渡って行われたWINDBLOW2010。

 

決して大きな会場でも、何万人もの観客が訪れるようなライブでもないけれど、音楽と人と自然が、共にある贅沢な野外フェスだった。潮風が吹き、海の音が聞こえてくるこの会場には、海から上がってきたばかりの人々や、サーファーも多く訪れ、芝生に座ったり、寝転んだり、立ち上がりアーティストの近くで盛り上がったりと、各々が音楽を楽しんでいた。

 

2003年から始まったWINDBLOW、太陽や自然の恵みを感じながら「音楽を通じて地球のことについて考えてみよう」というコンセプトのもと、地域発信をしてきた。当日だけでなく、始めの段階からアーティストもスタッフと一丸となってイベントを作り上げているため、取り繕いはない。アーティストだからと気取ることもなく、ステージの外でもありのままの姿で会場に訪れた人々と触れあっていた。

 

出演アーティスト

 

1日目

ほまれ、Ucoca、The Tchiky’s、YOSSY LITTLENOISE WEAVER、児玉奈央、BEGIN、東田トモヒロ、

 

2日目

suzumoku、PAPA U-Gee、(仮)ALBATRUS、Spinna B-ILL、Keison、blues.the-butcher-590213 with ムッシュかまやつ+Leyona。

関連記事

  • 現代社会の抱える闇に巣くう 隣人という名の悪魔に あなたは気付く事ができますか?映画『クリーピー偽りの隣人』(2016/06/17)

  • 日本の戦隊物の大ファンだという ミコ・リヴェロ監督が見せるヒーローを演じる出稼ぎ男の奮闘記!!(2014/04/28)

  • 映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!(2011/04/29)

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • 作家と二人三脚で歩みを進める無人島プロダクション!作家と向き合うことの大切さ 藤城里香インタビュー(2013/07/17)

  • 「アーティスト」でアカデミー賞5冠に輝いたミシェル・アザナビシウス監督が描く 衝撃の新作 『あの日の声を探して』(2015/04/28)