いつも帰りすがら、視線を感じ気になる店舗 やきとり 太平 とにかく安くてうまい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シンプルで安くて旨い!焼き鳥屋 Photo Gallery ▶

 

「はい、いらっしゃーい。カウンターでいい?」とお母さんが気楽に迎えてくれ、拍子抜けしながらも入り口付近のカウンターに座ると「熱いからねー」っと、お絞りを渡してくれた。外観からの想像以上に広い店内を軽く見渡し、ほっと一息ついていたが、ここがどのようなシステムかも分からないし、メニューも分からない。

 

カウンター隣には、常連と思わしき中年男性が、酒を酌み交わし、奥には、年配の女性が、1人で一杯かけていた。

まず先人達のテーブルの上に、置いてある料理に目をやり、壁にかけられたメニューを見つけた。

 

まずその中から、カシラ、ナンコツ、コブクロを注文した。

カシラはタレ、ナンコツ、コブクロは、塩にしてみた。

テーブルに並ぶと思いのほかボリュームがあったのだが、ナンコツも、串も一皿300円、魚は400円という驚きの安さなのだ。300円と思いながら、食べたのだが実に旨い。

タレは、あっさりとした、ややポン酢が入っているかのような甘みを感じた。

塩はやはり王道で、コブクロ、ナンコツ共に、今すぐにでもビールが欲しくなったが、残念ながら車なので、我慢をした。

 

そして嬉しいことに、ここ太平は、この価格で炭火焼なのだ。

全ての焼きが、炭火のいい香りがし、香ばしく仕上がっていた。

その後はタン(塩)にホルモン(タレ)……つくね(タレ、塩2種類)、ネギマの鶏(タレ)を頼んだ。ちなみにネギマは、鶏と豚と2種類ある。それから、忘れてはならないのが、じっくりと焼かれ骨まで食べられるイワシだ。イワシの苦みが、なんとも旨い。

 

「はい、どうぞー」とお母さんがカウンター越しに次々と渡してくれる焼き鳥を頬張りながら、リピーターになることを確信した。どれも、シンプルで、安くて、うまかった。

 

 

関連記事

  • 複数の人格障害と戦い抜いた女性に着想を得た真実の物語 映画『Frankie&Alice(フランキー&アリス)』(2014/08/29)

  • 平成9年度から毎年開催されている「文化庁メディア芸術祭」は、今年で17回目を迎えた!!今年の応募総数は、過去最高の4347作品(2013/12/20)

  • BEGIN(2010/08/30)

  • 82歳の女性が国を訴えた!? 数奇な運命を辿った名画に秘められた真実の物語が、今明かされる!!(2015/11/27)

  • もとバーテンダー寺田さんが、営む 浜松の隠れ家 ワインバー ル・ヴァン「Le Vin」(2012/03/05)

  • ARATANIURANO(2012/07/18)