• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 
【ギャラリーとして作家へ求めること】

作家として、常に試行錯誤を重ねながら、作品を展開し続けてほしいと思います。

【ギャラリーとして大切にしている感覚】
芸術作品を扱うプロフェッショナルとしての責任感と、

過去から現代の芸術作品をとりまく状況を視野にいれた先見性です。
様々な作品を見続ける中で、作品や作家をとりまいてきた歴史を考えると同時に、次の時代を担うものを見出すことのできる目線を大切にしています。

【今後のギャラリーとしてのあり方】
ギャラリーヤマキファインアートでは、今後もクオリティの高い作品を、art lovers の皆さまにご紹介し続けることを目指しています。

 

ギャラリーヤマキファインアート
住所:〒650-0022 神戸市中央区元町通3-9-5-2F
Tel:078-391-1666
Open:11:00AM-19:00PM 13:00-14:00昼休み
休廊日: 日・月曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会 今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。(2012/02/29)

  • 日本警察史上の最大の不祥事と呼ばれる驚愕の実事件が映画化!!白石和彌 監督インタビュー(2016/06/25)

  • 『クラッシュ』ではアカデミー賞(R)作品賞、脚本賞を受賞したポール・ハギス監督が、新作『サード・パーソン』を引き連れ登場!!(2014/06/16)

  • 朝崎郁恵 喜寿の祝いコンサート「あはがり」(2012/09/25)

  • 表参道の裏通りにフランスの香りを感じられる一軒のお店がある『 L’EPICERIE/ブレッツカフェ』(2014/08/01)

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)