• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 
【ギャラリーとして作家へ求めること】

作家として、常に試行錯誤を重ねながら、作品を展開し続けてほしいと思います。

【ギャラリーとして大切にしている感覚】
芸術作品を扱うプロフェッショナルとしての責任感と、

過去から現代の芸術作品をとりまく状況を視野にいれた先見性です。
様々な作品を見続ける中で、作品や作家をとりまいてきた歴史を考えると同時に、次の時代を担うものを見出すことのできる目線を大切にしています。

【今後のギャラリーとしてのあり方】
ギャラリーヤマキファインアートでは、今後もクオリティの高い作品を、art lovers の皆さまにご紹介し続けることを目指しています。

 

ギャラリーヤマキファインアート
住所:〒650-0022 神戸市中央区元町通3-9-5-2F
Tel:078-391-1666
Open:11:00AM-19:00PM 13:00-14:00昼休み
休廊日: 日・月曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • トヨタグループの創始者であり、日本初の動力織機や自動織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献した豊田佐吉に迫る!!(2012/09/15)

  • 奈良美智氏や村上隆氏をはじめ、数多くの現代作家を発信し続ける、小山登美夫ギャラリー 代表 小山氏にお話を伺った。(2012/12/31)

  • 小林画廊「GIFT展」若手作家のグループ展、バラエティー豊かな個性あふれる小品を展示!(2012/12/07)

  • ホテルコパンへ、ようこそ。 それぞれの人生をかけて、 この世に”希望”があることを証明してください。門馬直人監督インタビュー(2016/02/01)

  • 今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会 今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。(2012/02/29)

  • 直木賞作家・角田光代の長編小説「紙の月」がついに映画化  
吉田大八監督 × 宮沢りえ (2014/08/23)