• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

 

 

1960年代末から70年代初頭の戦後日本美術史の重要な芸術動向である「もの派」の代表作家の一人。

木、石、紙、土、鉄など原材に近い自然的な物体・物資=「もの」の存在や働きについて、我々がどのような関わりをもっているのかを考察し、制作し続けている。

70 年代以降は、〈もの派〉的傾向から抜け出し、素材間にある関係性を問う作品や、日常的な素材を非日常化させることで美術の本質を問う作品などを生み出している。

 

 

小清水漸 -Koshimizu Susumu-

 

1944年 愛媛県宇和島市に生まれる。

1962年 多摩美術大学絵画科卒業。

1994年 京都市立芸術大学教授となる。

関連記事

  • いつも帰りすがら、視線を感じ気になる店舗 やきとり 太平 とにかく安くてうまい!!(2012/09/09)

  • 地元宮崎のためにつくった「喜びと悲しみのメリーゴーランド」初披露Ucoca!!(2010/08/30)

  • 日本の戦隊物の大ファンだという ミコ・リヴェロ監督が見せるヒーローを演じる出稼ぎ男の奮闘記!!(2014/04/28)

  • 創立100周年を迎えた赤レンガ倉庫で日本最大級のカスタムカーイベント、アメフェスが開催された!!(2010/12/20)

  • 夫婦が駆け抜けた493日の記録が大胆な設定を加えついに映画化! 映画『夫婦フーフー日記』前田弘二監督インタビュー(2015/05/23)

  • 「 SNIFF OUT 」= 「 嗅ぎ当てる 」 音楽フェスとアートフェスの融合を主軸とした全く新しいタイプのプロジェクト始動!!(2013/04/26)