「SNIFF OUT」参加決定 ヤノベケンジ!!瀬戸内国際芸術祭へ参戦中の小豆島へSNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に偵察!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

– ミラーボールマン、瀬戸内国際芸術祭へ –

 

2013年7月20、21日の2日間、インテックス大阪にて行なわれる、音楽とアートを融合した新しいタイプのフェス「SNIFF OUT」への参戦も決定しているヤノベケンジ氏が、瀬戸内の島々を会場とし行なわれている瀬戸内国際芸術祭にて、大活躍をしているとの情報を聞きつけ、彼の動向を探るべく、偵察部隊SNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に小豆島を訪れた。

神戸港から小豆島へ向かうジャンボフェリーへの乗車時、わずかながら黄色い物体が目に入った。

顔をあげ、目を凝らしてみてみると、なんと、巨大なトらやんがオリーブの葉を手に持ち、ジャンボフェリーの屋上で我々の航海を見守っていた。
会場に到着する前に、トらやんと大冒険をするような気持ちで、フェリーに乗り込ませるだなんて、さすがはヤノベケンジ氏。何気ないところで気持ちを高揚させてくれる。ミラーボールマンもトらやんを少々嫉妬の混じった目で眺めながらフェリーに乗り込み、30分間ほど船に揺られていた。

ジャンボフェリーの愉快な曲が船内に流れ始め、いよいよ到着か、と外を眺めたら、何かキラキラと輝くものが目に入った。

 

んっ、、ミラーボールマン??いや、そんなはずはない。当の本人は、探るように眺めている。あれは何なのだろうか。

早く見たいと焦る気持ちを押さえながら、フェリーを降り、作品の近くへ寄ってみると、

それはまさしくヤノベケンジ氏の作品、「ザ・スター・アンガー」であった。

 

四方八方に角が突き出したミラーボールの上には、目を赤くしながら威嚇しているかのような水の神龍神、そしてそれを眺める、ミラーボールマン。
彼の胸中、察するに余りあった。

 

しばらく眺めていた彼は、次第に気に入ったらしく、一緒に写真を撮ってくれ、とせがんできた。

 

関連記事

  • 表参道タイカレーの店、ラーイマーイ!元々クリーニング店だったこの場所が、今はふらっと寄りたくなるタイ料理店!(2013/11/26)

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • ベネチア映画祭で10分間のスタンディングオベーションが起こった話題作!『ディス/コネクト』ヘンリー=アレックス・ルビン監督 インタビュー(2014/05/10)

  • ローストチキン(2012/02/23)

  • 平成9年度から毎年開催されている「文化庁メディア芸術祭」は、今年で17回目を迎えた!!今年の応募総数は、過去最高の4347作品(2013/12/20)