「SNIFF OUT」参加決定 ヤノベケンジ!!瀬戸内国際芸術祭へ参戦中の小豆島へSNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に偵察!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

– ミラーボールマン、瀬戸内国際芸術祭へ –

 

2013年7月20、21日の2日間、インテックス大阪にて行なわれる、音楽とアートを融合した新しいタイプのフェス「SNIFF OUT」への参戦も決定しているヤノベケンジ氏が、瀬戸内の島々を会場とし行なわれている瀬戸内国際芸術祭にて、大活躍をしているとの情報を聞きつけ、彼の動向を探るべく、偵察部隊SNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に小豆島を訪れた。

神戸港から小豆島へ向かうジャンボフェリーへの乗車時、わずかながら黄色い物体が目に入った。

顔をあげ、目を凝らしてみてみると、なんと、巨大なトらやんがオリーブの葉を手に持ち、ジャンボフェリーの屋上で我々の航海を見守っていた。
会場に到着する前に、トらやんと大冒険をするような気持ちで、フェリーに乗り込ませるだなんて、さすがはヤノベケンジ氏。何気ないところで気持ちを高揚させてくれる。ミラーボールマンもトらやんを少々嫉妬の混じった目で眺めながらフェリーに乗り込み、30分間ほど船に揺られていた。

ジャンボフェリーの愉快な曲が船内に流れ始め、いよいよ到着か、と外を眺めたら、何かキラキラと輝くものが目に入った。

 

んっ、、ミラーボールマン??いや、そんなはずはない。当の本人は、探るように眺めている。あれは何なのだろうか。

早く見たいと焦る気持ちを押さえながら、フェリーを降り、作品の近くへ寄ってみると、

それはまさしくヤノベケンジ氏の作品、「ザ・スター・アンガー」であった。

 

四方八方に角が突き出したミラーボールの上には、目を赤くしながら威嚇しているかのような水の神龍神、そしてそれを眺める、ミラーボールマン。
彼の胸中、察するに余りあった。

 

しばらく眺めていた彼は、次第に気に入ったらしく、一緒に写真を撮ってくれ、とせがんできた。

 

関連記事

  • 数々の話題作に出演し枠にとらわれない彼の演技は、作品の屋台骨を支える!! 俳優 落合モトキ インタビュー(2014/11/17)

  • 700人以上のオーディションを勝ち抜いた主演 安藤サクラの鬼気迫る演技に 圧倒された!映画『百円の恋』(2015/02/06)

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)

  • 明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了(2013/03/18)

  • どこからともなく湧き出る彼らのエネルギーは、見ているものをはっとさせ、心を踊らせる!!しょうぶ学園【otto&orabu】(2013/05/18)

  • 『日常の生活に「アート」というきっかけを』3331 Arts Chiyoda統括ディレクター 中村政人インタビュー(2013/01/11)